スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告  コメント:(-)
Resist Forever Tour 2004 FINAL 10/23 神戸ART HOUSE
みなさんいかがお過ごしでしょうか?Ix7xSx Drのmollieです。頭のmはあくまで小文字です。とうとう迎えちゃいましたTOUR FINAL!!トップを飾るのは大阪のGLADIATOR!今回のTOURで一番多くサポートしてくれたグラジのステージはある種のオーラがでてたような気がした(レインボー)。おせじでもなんでもなくスゲーかっこよかった!お次は神戸のGAMY!新しいDrのナスちゃんともばっちり息があったGAMYのライブはやっぱMOSHorDIEでしたね~!今回のTOURで神戸以外で一緒に演れてほんま良かったと思います。はやくSxLxWxBx(スーパーロングリストバンド)ください、HxTxDx。お次は大阪のCROW DRAGON TEA!飛び入りの参加でびっくりした人も多かったやろうけど、メチャクチャかっこよかったな~CxDxTx!来年からはいっぱいからんでな~デュポン!そして東京からはHAWAIIAN6!まさかのブッチャーで即死DEATH!演奏の巧さはさることながらお客さんと一体になって盛り上げていくあのライブはいつ観ても脱帽です!そしてそして最後におれらISCREAM 7 SHOWERS!結成してからの曲ほとんど演って、カバーもちらほら織りまぜたりと、おれら的にもめっちゃ楽しいステージでした、途中かる~く酸欠になったけどね。今の自分達の全てをだしつくせたと思えるライブやったね!おれらがライブを何事もなくできんのも観にきてくれるお客さんあっての物です!今回のTOURでそれをスゲー感じました。いろんな所に遠征して来てくれた人、ほんまにありがとうでした!そんなこんなでRESIST FOREVER TOURは終わったんやけど、またすぐに新曲ひっさげてみんなに会いにいくからなーこれからも!

Mollie/dr

何から書いたらえ~んやろか?なんかいつのまにか終わったな。“ 束の間 ”
ブッって屁をこいた。これもツカノマ?後で匂いがプ~ン。クサックサックッサー。RFtourも後は臭いかって?まぁみんな何かしらの匂いは感知していることでしょう。皆にとって笑えるオナラ、場が明るくなるようなオナラで有れば幸いです。皆にとってはマジでオナラぐらいに短い束の間だったかもしれへんけど俺らはあーでもないこーでもない言うて‘インスピレーション’っていう食材を元にそれぞれの‘イマジネーション’っていう調味料を持ち寄って‘楽曲’っていう料理を創って、あっ!この味なんか違う。お前塩入れすぎ!俺ミソ入れすぎた?とかぬるいぞ!そんなんやったら人様の前に出されへんぞとか昨日こんなんみつけたから入れてみるわ。とか何も言わずに入れて、おっ!これうまいやん。みたいな。こんなやりとりも多少行ないつつ、紆余曲折を経てできた料理を創りました。皆に食べてもらう為に色んな人の手を借り、知恵を借りなんとか無事に終わることができたなぁ。それをオナラって。 でもこのオナラのにおいは一生忘れがたい晩餐を吟味したあとのオナラであっていわば“忘れじの香り”にほかなりません。俺のRFtourは左手の薬指の先っぽをパックリ切るところから始まりました。そうです。押さえる方の指です。やってみれば、結構大丈夫だろうとたかをくくっていました。演奏中はたっぷりアドレナリンでるし、指はあと3本あるし。でもそれが浅はかだということを指は刺されるような痛みをもって教えてくれた。この指は使えませんと。じゃあ運指を変えてやればいいじゃないか。頭で覚えたことではあるが同時に体が覚えてることであって一日二日じゃどうにもなりません。致命的外傷であります。焦りました。まるでロナウジーニョのいないバルサみたいな心許ない感じです。でも時間は刻一刻と僕をツアーの風の吹くほうへとおいやっています。俺がベッカムだったらマンチェスターの威信にかけて俺の怪我ぐらいなんとかしてくれたのに。しかし俺は俺以外の何者でもなく、ツアー期日は迫るのみで工夫と覚悟で臨むしか有りませんでした。諸行無情の響きですか~?上等やないか。やったるで。完全なる戦闘モードです。今振り返ってもアガリマス。事を成そうとする時には、決まってヨコヤリが入るもんやしトラブルは友達みたいなもんやからそれを楽しもうじゃないか。って楽しめるかー!でも現実を受け入れることはできたで。多分みんなもこんな事あって乗り越えてきたんやろうな。と仲間の事を考えてたらなんかこれがツアーか、って的外れなリアリティ感じました。洗礼ですね。この時強く感じたのは“ 事を成すのは、信念ありき。”ってことでした。それは万全なる準備に越した事はありません。物事を成就させるのは段取り八割っていいますからね。でもやってるうちにほつれてきたりするんですね。出端を挫かれそうになりかけたといったところでした。始めの方にこんな事件があって良かった。大事なことに気がつけたし。中頃やったらまた違う判断しとったかもしれへんし。まぁそれはないですけどね。あと幸いにも週末中心のツアーを組んでいたことで怪我の影響が少なかった。それは良かった。が!一長一短とは上手に言ったもので良いこともあれば、そうでないことも。やっぱり身体はエラかった。(関西弁でしんどい、疲れた、等の意味)月~金、火~金など基本的な平日は仕事その合間に。って感じやったから身体は悲鳴をあげてました。一番しんどかったのは岡山の帰り。豪雨のなか帰って、2時間寝て仕事行ったンちゃうかったっけなぁ。俺寝るの好きやから、ていうか寝ずに仕事とかあまりできへん。集中できんのが嫌や。自分が情けなく感じる。バンドやってることなんか糞のいいわけにもならんから。働かしてもらってるから皆と遊べるんやし、皆と遊べるから働けるし。だから仕事はバンドと一緒くらい。そうは言っても助けてもらいまくりなんでしょうけど。あの朝は辛かったで多分。なんかこう振り返ると、あんまり辛いこと事体覚えないタチなんやろうか、辛いなぁと思っていたこともあったんはあったけど具体的には、思い出したわ。神戸に帰ってきてすぐ仕事で和歌山朝五時が月~木スタジオ入ってまた朝和歌山みたいな。やったわそういえば、うわっ!嫌なこと思い出したわ、うっとうしぃ。止めますこの話。楽しい話、あっ絶景ポイント紹介します。北陸道石川県小松辺りに何キロかずっと水平線を横目に松の木。季節は晴れた夏。俺運転してたんですが、最高でした。運転大嫌いなんですが、あのときばかりは運転してたがんばりを神様が見ててくれたんですよ。ご褒美です。雲一つない快晴で松林っていうんかな、そのうしろにきれいな海。財産やね。あれは。その時メンバーメンバ~は寝くさってました。シンノスケがおきたかな。ヒロ君とヨッピねとった。グラジがサポートしてくれていたけどタイヤがバースト。帰りはうちの車パンク。そんなんあったけどあの絶景は忘れられません。ライブどころじゃなかった。ボ~~~ットしたかったわ。後ろ髪引かれる思いってのはあーいうのをいうんやな。徳光サービスエリアやったわ。皆さん機会あらば、いってみー。そのまま富山へ。人間のあったかさあそこに全部もっていったんちゃうかと思わせるくらい血の通った人達がいましたよ。まぁ俺らは最高に恵まれてるから、どこいっても暖かさを感じられた気がします。サンキュウです。さて、ファイナル。今まで培ったもん全部ステージに、ばら撒いて帰ったろう思った。人人人でぐちゃぐちゃやったな。あの日だけは束の間やったなぁ。噛み締めた感すら実感としてないようなポァ~ンや。心地良いってこーゆー事だったんですね。このツアーに携わってくれた全ての人に感謝します。ありがとう!

Takuya/b

いよいよこの日がやって参りました!レコーディングが4月に始まり、CDが7月21日に発売してツアーが7月31日から始まるその最初からこの日を夢見て想像する度半笑い。でも日が近づくにつれて、それは不安に変わったり、気合に変わったり自分でも当日どんな気持ちでいるんだろうと考えていました。
当日朝起きた時から不安は全くなく、気合い半分楽しみ半分と意外に落ち着いてました。それもツアーを14本回って14ヶ所で頭はってやって来た自信といろんな人の期待(プレシュー)をしょってここまできた思い出が胸にあったからだと確信してます。偉そうな事言ってごめんなさい。。。でもほんま僕にとってこのツアーは中途半端な気持ちで望んでないし、どこにいっても対バンとのガチンコお客さんとのガチンコ。最初はそのプレッシャーに押しつぶされそうにもなったけど、回を重ねていく毎にそのプレッシャーが心地良く気合い全開で突っ走ってきた最終ラウンド!!不安なんて感情は微塵も感じなかったです。そしてファイナル当日!!対バンはGLADIATOR、GAMY、HAWAIIAN6!!!この3バンドはほんまこのツアーにかかす事の出来ない3バンド。
HAWAIIAN6はこのツアー、ファイナルのみでしたがHAWAIIAN6のツアーを2回サポートしたり、裏ファイナルにお呼ばれしたり、コンパしたり、飲んだり、飲んだり、飲んだり。まさにブラザー(良き?お兄ちゃん!)です。GLADIATORはこのツアー最多出演。レーベルメイトでもありブラザーというよ仲間というより家族です!GAMYは昔からお世話になりっぱなしのIx7xSxメンバー全員大好きハードコアバンド。Drのmollieなんて好き過ぎてDr叩いちゃったりとか家族と言うより仲間と言うより親分です。説明なんていらないですよね。ファイナル来た人だけこのあったかくて、熱い感じ、熱い思いが絶対伝わったと思います。そしてCROW DRAGON TEA!!何度か対バンしてツアーも一緒にしたかったんですが、メンバーの都合が合わなくて断念。けどファイナル飛び入りで出てもらいました。遠くからありがとうございます!出番3分前くらいに全員揃うなんてなんてドラマチック!全バンドいつも以上のテンションで熱い思いは何も語らなくても伝わりました。ありがとうございました!そしてIx7xSxの出番!なんてったってお客さんのテンションが半端じゃない!!あそこは酔っ払ってない健常者は恐怖を感じたんじゃないですかね。辺り一面馬鹿しかいない!最高すぎます!!!馬鹿大好きなIx7xSxはそんな馬鹿に負けない馬鹿指数で望みました!あのステージに上では本当に今死んでも悔いはない。「わが人生一片の悔いなし」拳王ここに昇天(賭け事嫌いな人ごめんなさい)そう思いました。CDを出して全国レコ発ツアーをして最高のツアーファイナルをするそれが僕がバンドを始めた頃からの夢でした。それが夢に見ていたよりも数倍最高の状態で迎える事が出来ました。メンバーみんなで風呂に入ってち○こ比べ、打ち上げ僕暴走、車パンク(爆睡してて気付かず)、スプラッシュマウンテン(テキーラ)。このツアーは僕にとって人生最高の思い出、僕のかけがえのない財産になりました。このツアーはいろんな土地でいろんな人のサポートで最高な人達に支えられて成功を収める事が出来ました。このツアーをサポートしてくれた人、対バンしてくれた人、1ヶ所でも足を運んでくれた人全ての人に感謝します。本当にありがとうございました!!

YOP/g

ツアーファイナル…普通は意気込むものなんだろうけど終始落ち着いてた、、、はず!いつもより顔が強張ってたのはねー実はありえない事にツアー中で一番体調が悪かってん、恥ずかしい話ね。なんでかな~やっぱどこかで緊張だとかプレッシャーみたいのがあったんかな~。ライブに対しては何の不安もなかったけどね…やる事やってんから絶対ええライブ出来ると思ってたしね。ただ途中でぶっ倒れたりとかしたら格好悪いなっていう事ばかり考えてたね(笑)まあオープンから普段のアートハウスでは見れない賑わいでしたね(笑)「何で君が神戸に?」の連続で上がり狂ったな、マジで。何か全国各地で俺達のライブに遊びに来てくれた人達が神戸に集合!みたいな感じでほんま感動したわ。普通ありえないよ!いや~愛されてますわー俺ら(笑)感謝です!!

いよいよスタート!トップはレーベルメイトのGLADIATOR。
くくく、奴等あんまりたくさん人がいる前でやった事ないみたいで顔がみんな超かたくてオモシロかったなー。幕開いた瞬間の「うぉぉぉぉぉー」にビビってたし(笑)大丈夫か、お前ら?な感じ。でもそこは男グラジ!!やってくれたねー。俺等とのツアー中にあんまいいライブしてなかったのがウソの様に攻撃的なライブしてくれた。メンバー一人一人を見ても目が活きてたしね!!ツアーも一番たくさんサポートしてくれたし、サンキューGLADIATOR!!続いては神戸ハードコア大先輩GAMY。もう確か来年で活動10年目やねんけど、最初に会った時からすげぇ気さくで全然先輩風ふかしてなくて、良いライブにもいっぱい誘ってもらったりとほんま世話になってます。ライブの方はいつもより長いSETでやってもらって内心、このおっちゃん達最後まで体力もつのか?て心配してたんやけど『さすが!!』の一言やったねー。みんなのMOSHとかマジで半端やなかったしね!しかし遊びに来てくれてるみんながねーエエ顔してたのがめっちゃ嬉しかったわ。みんな仲いいし…みんな奇声あげてるし(笑)GAMYのみなさん、岡山、東京とファイナル、どうもありがとうございました!!
次は飛び入りで大阪のCROW DRAGON TEA!!俺らはこのバンドがめっちゃ好きでツアーにも誘ってたんやけど、なかなか日程があわずやれなくて、ファイナル1週間ほど前にCxDxTxのライブに遊びに行ったらメンバー全員でファイナル遊びに来るって言ってたから「じゃあライブやっちゃえば?」「じゃあやる」で決定(笑)初めて見た人も結構いたかもしれへんけど最高やったでしょ?あの切れっぷりがもう何とも言えないね!曲もオリジナリティに溢れてるし最高ですよ。来年アルバム出すみたいやから絶対チェックしたほうがイイでー。ありがとうCROW DRAGON TEA!!そして東京からブラザーHAWAIIAN6。
久しぶりの神戸にメンバーもあがってた。俺らが出会った土地でもあるし色々とあの頃の話もいっぱいした。今じゃあハワイアンもでっかくなったけど人そのものは全然変わってなくてお馬鹿(笑)まあ人が悪い方に変わってたら俺らも一緒にはしないしね。ライブの方は何か久しぶりにガムシャラなハワイアンを見たって感じ。イイ意味でね。お客さんもこの時ばかりは最前列見たことない奴らばっかりで、どこにいままで隠れてたの?ここでね~ハワイアンはほんまにねーニクイ奴等やわ(笑)何年ぶり?って感じで1stから『BUTCHER』をやってくれた!上がりに上がりまくったね~!実は俺達でBUTCHERをライブでやろうとかって言ってたのよ、それを見透かしたかのようにサラッとやるとこがハワイアンなんだよねー昔から。ありがとう!またガチンコ勝負しようぜ!!いよいよ俺らの番。客席ではみんなで異常なペースでテキーラをあけてて怖かったな、始まる前から唸りまくってるねんで…最高やでほんまに、バカすぎる(笑)始まってみんな見た瞬間すべてぶっ飛んだわ!俺は出来るだけ来てくれた奴らの顔を見ようと、いつも以上に見渡したり、顔を見たり、一緒に叫んだり…今日のこの瞬間は絶対俺が死ぬ時に走馬灯で出てくるって思った。
昔から言ってるけど、俺が一番自分らしくいれる場所ってのがステージなわけで、そこで思いっきり無茶やってたらみんなも負けじと無茶やってて…あの空気感ってのは冷静には自分自身感じれなかったかもしれないけど、絶対に最高やったはずやし、俺等Ix7xSxとみんなでしか作れない唯一無二のモノやった。
ほんまはね、色々な事情があって来れなかった人達全員がいたら…とかも思ったけど、いつかやれればとかって思う。全員反発万歳Tシャツとかね(笑)あっ、これいいね~反発万歳GIG。よし、いつかやろう!とにかくこのツアー、みんなが協力してくれたおかげで無事終われたことに感謝してます!ありがとうございました!!

Shinnosuke/Vo,g
スポンサーサイト
 RESIST FOREVER TOUR 2004  コメント:(0)
Resist Forever Tour 2004 10/16 熊谷VOGUE
いよいよツアーも残すところあと2本!セミファイナル熊谷ヴォーグ。
ここにはほんまたくさん想い出があるね~。一番最初に来たのは…確か4年前位でその時はダイナモでした。STEP UP RECORDS NIGHTの第1回目で山さん(ONE ROOM)と出会ったのもこの時でしたね。Ix7xSxでも地方で一番多く通ってる、いわば第二の故郷と言っても過言じゃない!また色んな所に遠征に来てくれる人の多くが熊谷界隈なのです。ライブでも言ったけど熊谷ヴォーグはストリート、リアルインディーズシーンをしっかりと築いている。そこにかかせないのが山さんがやってるモルタル、現ワンルームレコードの存在と活動。山さんと俺達バンドマンやインディペンデントレーベルの信頼関係。ワンルームとそこに集まってくる人達の信頼関係。そういった事がうまく流れて、その関係がひとつになる『ライブ』で更にお互いを見せ高める。まあこれはほんとインディーズの本来あるべき基本的な姿やと俺は思うけど今は少なくなってきてるような気がする。俺らがまだ10代の頃(ごく最近)はそこに洋服屋さんやスケート、はたまたSMバーなんかのアンダーグランドカルチャーがもっと周りにあって凄くストリートに根付いてた。今はTVや雑誌でも大々的に取り上げられメジャーとインディーズの垣根が普通の人にはわからなくなってしまってるもんね。別に俺はアンチメジャーとかでもないし、今の盛り上がりに不満があるわけでもない。そうやってバンドで飯食えていける奴がもっと増えればとかも思うしね。え~結局何が言いたいのか?(笑)今回の熊谷もそうだけどTVや雑誌のマスメディアコントロールに流されず、しっかり自分たちで好きな音楽を探しているパンクスがたくさんいてめっちゃ嬉しかったって事です!自分たちのツアーであれだけたくさんの人が最初から最後まで居てくれた事、一緒にバカ騒ぎできた事を誇りに思い感謝してます。来てくれたみんなどうもありがとうございました!!

あっ、最後にもう一言。打ち上げでSlimballの片山さんと話してた事なんやけど、これだけの盛り上がりを見せている今のシーンにないもの。『RADIO』
音楽を純粋に皆に伝える唯一のものなのに、もっと今だからこそ主流になればいいねーとかって話してた。言っとくけどインディーズからメジャーに行っていきなりDJしてるような番組の事じゃないぞ。俺らもラジオライブとかしたいな~、喋りたくはないけど(笑)

Shinnosuke/Vo,g
 RESIST FOREVER TOUR 2004  コメント:(0)
ホームに戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。