スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告  コメント:(-)
「新春歌絵巻」
 1月20日、健さんが「横山 健」として神戸チキンジョ-ジで行われる「新春歌絵巻」に出演するから遊びに行ってきた。内田勘太郎さん、斎藤ノブさんとの共演。果たしてその中で健さんがどんなギタープレイをやるのかワクワクしながらチキンジョージに向かった。
 着くとちょうどリハーサルの最中でチラッと覗き外に出た。なんかね、俺が居てはいけないんじゃないかっていう空気感やったね。だってねぇ、内田勘太郎さんにしても斎藤ノブさんにしても、まあどれだけたくさんの人達にリスペクトされてるミュージシャンかって事ですよ。
 まだ仮にも俺がブルースバンドやってて目指してる先にいる人が内田勘太郎さんだったら、間違いなく最初から最後まで食い入るようにリハーサルを見てたかもしれない。でもね、何か気がひけちゃったというか・・・俺なんかがここに居ちゃいけないって勝手にブレーキかけてもたね、この時点ではね。確かに俺は内田勘太郎さんの事を知ってるけど知らない。憂歌団のギタリストって事ぐらい。今までに憂歌団を愛聴してきたわけでもないし、また内田勘太郎さんのギタープレイに特別耳を傾けた事があるわけでもない。そういう事もあったからかな・・・

 リハを終えて楽屋に戻ってきた健さんに挨拶をして、今日の気分なんかを聞いてみると「しんちゃん、サイッコーだよ、サイコー!!」と満面の笑み。今日がどれだけ楽しいかって事が伝わってくる。

 いよいよ本番開始。
仕事終わりで駆けつけたツヨとフロアでビアー飲みながらガン見。のっけから勘太郎さんのギターの音色とノブさんのビートにやられたね。健さんも自身のコラムで書いてたように、最初は硬かったと俺も感じた。 でも、ほんま「Longing」を歌ってからの健さんはめっちゃカッコよかったね。横山健でしかできないギタープレイっていうのかな。その辺りからお客さんの健さんに対する反応も変わってきたな。それをもろに見た俺もツヨもビール飲むのも忘れる位ステージの3人にくぎ付けです。
 多分それは、俺やツヨだけじゃなくて、あそこに居た人みんなそうやったと思う。ドンドン引き込まれる。俺自身なかなかここまでライブを食い入るように見るってことないんやけど、ごくごく自然に3人が出す音に身を委ねたねぇ。見てる側からしても、めっちゃ気持ち良かったなー。

 そうそう、なんかねこのライブを見て昔を思い出したわ。
俺が昔「SPLIT SHOT」っていう3ピースのパンクバンドやってた頃、スタジオの隣にあるバーによく溜まっててん。そこはブルースやジャズが好きな人達が集まってきてセッション出来るバーで、そこで毎日のようにブルースやジャズの生音を聴きながら酒飲んでた。セッションっていうのは、簡単に言えば知らない人同士でもコード進行なんかだけを決めて各自自由に演奏するスタイル。やっぱりそれをしようと思えばそれなりの技術を持ってないと出来ない。アイコンタクトやそれぞれの演奏を常に感じて、単純な曲の流れに「静」と「動」を付け加えていく。そうするとやっぱね、独特の空気感やグルーヴが生まれる。俺達がやってるように決まった事をキチンとやって生み出すグルーヴとは全く別物で、何て表現すればええんかな・・・とにかく気持ちええねん!笑
 で、話を戻すとこの日のライブは俺の経験してきた気持ちよさってのを、何倍、いや何十倍にもしたモノやったわ。もう最高です!!

 最近、日に日にギターを弾く楽しさが増してる。きっとこういう”ありえない”経験を出来た事なんかが大きく関わってるのかもしれへんな。横山健さん、内田勘太郎さん、斎藤ノブさんに感謝!!
 俺はもともとべース弾き(知ってた?)なんやけど、もし最初からギター弾きなら今日の経験ってのは、もっと衝撃的なものやったかもな。さて、この貴重な経験を誰に自慢しようか?笑
ここ何年か飲みに行ってるバーにもブルース好きな渋いオジさんがいる。ククク、獲物決定!だなっ
スポンサーサイト
 SHINNOSUKEコラム  コメント:(0)
1月18日 十三FANDANGO
 2005年一発目!!
俺が一番好きなライブハウスでのスタートとは何とも良いじゃありませんか。この日一緒にやるのはKEN BAND、Slime Ball。「The Rags to Riches tour」の大阪場所ゲストに呼ばれました。ん~緊張!・・・いや特には感じなかったな。何処でやろうが誰とやろうがやる事はひとつ!でもね、やっぱ緊張するな~毎度ながら。でも俺はメンバーに緊張してるとかって絶対言わない。それどころかメンバーに「もしかして緊張してるん?へ?何で何で??」とか何とか言いながら自分の緊張を和らげたりしてる。笑 でもなんで一番自分が好きで楽しい事をするのに緊張するのか?いつも自問自答している。この事についてはまたゆっくりと書きたいと思います。

 朝。
目覚めはスッキリ、が体調はイマイチ。メンバーを迎えに行き、いざファンダンゴへ。予定ではもうKEN BANDのリハが始まってるはずだが・・・誰もいない。さっさと機材を搬入し、それぞれの準備をする。弦を張り替えたりアンプの調子をみたり、ドラムのMollieはいつもの事ながら念入りにスネアのチューニングをしてる。ふと横を見ると誰もいない何の用意もされていないステージを見つめる男「ツヨ」。そう今日からIx7xSxでギターを弾く事になったNEWメンバー。彼はライブ経験が無い訳ではないが、地元以外でのライブは初。しかも今日はソールドアウトで人いっぱいやし、何よりツヨも「Hi Standard」に衝撃を受けた一人。Ix7xSxとしての初ライブがいきなりこれだとね・・・誰もいない何の用意もされていないステージを凝視する気持ちもわからんでもない。が、「大丈夫かい?今日やれるかい?」と俺の心の叫びを無視し立ち尽くすツヨでした。

 自分達の準備が終わる頃、KEN BAND、PIZZAクルーが到着。
あーだーこーだとみんなと話してる間にKEN BANDのリハが始まった。今まで和んでた空気が一瞬で緊張感に溢れる・・・事はなくファニームードなリハ。俺は去年のKEN BANDの九州ツアーに何故かスタッフとして同行してたので経験済み。もちろんみんな真剣にサウンドチェックはしているが、合間合間のメンバーとピザクルー、特に健さんとKEN BANDサウンドエンジニアの梅木先輩とのやりとりが笑える。どんなやりとりか?それは教えないし言えない。笑 やる側(BAND)はもうすでにこのリハから勝負は始まってるわけで、リハで何の問題も無くナイスサウンドをゲット出来れば何の不安も無く本番のステージに立てる。真剣に楽しく、楽しく真剣に、コレだね。音楽だけの話じゃないけどコレ忘れちゃいかんとです。

 さてIx7xSxのリハの始まり。実際問題ファンダンゴはライブやるより遥かに遊びに来てる割合が多い=やりなれていない=ちょっぴ不安。でも今日はリハから絶好調!!爆音ハードコアサウンドゲットでさっきまでの不安なんて消え去ったな。でも、ふと横を見るとリハからちょっとテンパリ気味の男が・・・ツヨです。やる事やってきたとですが、上手くギターが弾けません!!っておいあんた、本番大丈夫かい?

 リハを終えて何をするか?大体俺は飯食ってスリープ派なんやけど、この日は手馴れたスタッフが来れなくなり急遽グラジ(棒立ち)のメンバーとヘルプ(終始棒立ち)が1名。なのであーだーこーだ文句言いながら物販準備なんかをしてる間にオープン。急いでみんなで飯食いに行って帰ってくるとSlime Ballが始まっておりました。ちょこっとしか見れへんかったけど、一段とバンド的に固まってカッコ良くなってた。でもお客さんはちとおとなしめでAWAYな感じ。俺らも関西と言っても今日はAWAY前開な予感。でもAWAYこそ燃えるよな、やっぱり。Ix7xSxを見た事が無い人の前でどれだけやれるかでしょ?ククク上がるねー。

 で、あっという間に本番。いつものようにSEが流れる。予想に反してみんな「アイ・スクリーム・セブン・シャワーーーーズ!!」とスクリーム!!これこれこれ!最高!!去年10月の自分達のツアーファイナル以来のライブって事もあり待っててくれた人がたくさんいてくれたみたいで上がる上がる。笑 1曲目「限界突破」からモッシュ&ダイブで盛り上がったのはいいが、実は俺いきなり久しぶりのライブって事もあるのかないのか、年なのか(正解)いきなり体力の限界。これ笑えない。始まって1分ですよ1分。が、そんな事を吹っ飛ばしてくれる位みんなの笑顔やシャウトでライブに入り込めたね。ナツュラルハイです、はい。なんでもかんでもすぐに理論、理屈でしか答えれない奴等のことを歌ってる新曲も無事終え、いつものように「反発万歳」で灰になりました。終わった後、最高に楽しかったけど納得いかないことも多々ありちょいヘコミ。「ん~久しぶりのライブやったし」とかなんてお客さんからすりゃ関係ないからね。やっぱ来てくれたからには100%満足して帰ってもらいたいってのがあるからな~。みんな楽しかったかい?なら良し!笑 終わってから来てくれたみんなと話してると、「横浜から来ました!」とか「鹿児島から来ました!」とか「年賀状がまだ来てません」とか。笑 あと受けたのがライブ中にツヨの前で「YOPは?YOP見に来たのに~どこーー!!」って叫び狂ってた人。あんた最高すぎるぜ!笑 いや~自分達の企画PUNK ADDICTSHOWでは全国から来てくれるんやけど、それ以外ではあんまりないからね~嬉しかった。ん?そんな事ないか。ずっと当たり前のように来てくれてる中にも普通に名古屋やったり三重やったりとかいるもんな。感覚麻痺だわ、やばいやばい。みなさん、ほんまありがとうございます!!

 打ち上げ・・・やっぱ羽沢君、あんた最高すぎます!ステージより活き活きしてたのは俺の気のせいでしょうか?笑 今度は俺もガッツリ飲みますよ。

 さあ、今年もビシバシやるぜ~、スロースタートですが。新曲を今たくさん作ってるので出来次第ライブでやるぞ!今年もよろしく!!

ISCREAM 7 SHOWERS/Vo,G SHINNOSUKE




 Ix7xSx TSU-YO !!


 
 ライブ日記  コメント:(0)
日記その他もろもろ
以前もツアー日記はやっておったのですが、またこういう形でやりたいと思ってます。日記の他にも、各メンバーによるコラムなども定期的にとはいかないと思うけどやろうと思います。よろしく!!
 SHINNOSUKEコラム  コメント:(0)
ホームに戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。