スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告  コメント:(-)
皐月
 ぽかぽか陽気が心地良いね。やっとかよ。
それに反して、悲惨な事件は増える一方やね。もう新聞やニュースを見たくなくなる。
でも現実問題から目を反らしちゃいけないし、様様な事件に対して「またか…」といった風に『慣れ』ては絶対にダメだ。
特にこの事件!とか挙げるとキリがないけど、少年犯罪には不安になる。一見凶悪化してる風に思うけど、実はそうでもなく減少傾向にはあるみたい…
が、俺はやっぱり少年法は軽いんではないかと思うね。
 つい最近でも何件かの少年による殺人事件があったのは知ってると思うけど、例えば高野山で起きた写真館主が16歳に殺害された事件。殺した理由は「むしゃくしゃしてた」。
殺された写真館主は父親から写真館を引継ぎ、40年以上も高野山の町や人々をカメラに収め続けて、残りの余生を平穏にそして幸せに過ごせたはずなのにと考えると居た堪れないよな。

 横田さんの訪米。
「母親が子を思う気持ち」ひとつが起こしたアクション。俺は心動かされたと同時に日本の政治家達がいかに無能で無力かってのを痛感したね。
子を持つ親なら今回のこのアクションは全世界共通で共感したと思う。
70歳という高齢で体にムチうって訪米し、またすぐに訪韓予定…
これでこれからの日本の政治家達が横田さん以上のアクションを起こす事に期待はしたいが、出来なければほんとに絶望するね。
拉致問題が公に日本中の人に知られる様になってかなりの年数経ってるけど、まだまだ俺達にもできる事はあると改めて強く思った。
みんなはどうですか?
今までにIx7xSxでこの問題に触れた事はあるけど、改めて話し合ってみようとも思う。
スポンサーサイト
 SHINNOSUKEコラム  コメント:(1)
ホームに戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。